20160211_HIBIKI.jpg

-----------------------------------------------------------
3/9(水)第55回響探求会
 「フラワーレメディーを生きる(6)
   ~私とバッチ博士の世界観~」

 お話し手:東 昭史 さん
(フラワーエッセンス研究家)
-----------------------------------------------------------

次回は「フラワーレメディーを生きる」シリーズ(6)を行います。

「フラワーレメディーを生きる」は、花が一生をかけてそのエッセンス
(本質)を顕現して生きるように、自分らしい人生を生ききることを
テーマにお話いただく会です。

今回お話いただく東昭史さんは、皆さんよくご存知のフラワーエッセンス
研究家。『バッチフラワー 花と錬金術』(東京堂出版)の著者であり、
フラワーエッセンスに関わるさまざまな講座を行う人気講師でいらっしゃい
ます。

フラワーレメディーに出会われて15年になるそうです。バッチ博士の
世界観に触れ、フラワーレメディーをご自身に役立てていかれるなかで、
どのように自然界に意識を向け関わってこられたか、その体験や今の
思いなどを語っていただきます。

5月の響探求会も東さんにお話しいただく予定です。
テーマは「バッチ博士のたどった道―ホメオパシーから花の療法へ」。

3月の会では、東さんご自身のフラワーレメディーとの出会いや
関わりを中心に、フラワーレメディー(エッセンス)の可能性について
感じ取っていただく貴重な機会になることと楽しみにしています。
皆様のご参加をお待ちしています。


東昭史さんからのメッセージ

私がフラワーレメディーと本格的にかかわり始めて、15年ほどの
歳月が経ちました。
その間、人生でいくつかの壁に直面したときに、その壁を
乗り越えるヒントを与えてくれたのは、バッチ博士と植物たち
だったように思います。

バッチ博士の世界観に触れ、植物の世界に目を開かされて、
数多くの植物たちに関心を向ける中で、さまざまなメッセージを
いただいてきました。
そして、気がつけば、フラワーレメディーは、私の人生における
大事なテーマとなっていました。

今回、機会をいただきまして、私がバッチ博士と植物たちから
学んできたことの一端を、お話しさせていただきたいと思います。
私の体験と気づきが、何らかの役に立つことを願いつつ、
皆さまと学びを共にできることを楽しみにしています。


おもな内容(予定)

・嫌いだったフラワーレメディーとの出会い
・バッチフラワーレメディーの学びと限界
・植物の世界に目を開かされる
・四季を通じた植物観察での学び
・大槻真一郎先生との出会い
・日本の植物たちを神にしたい

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

【日程】3月9日(水)19:00~21:00

【会場】都内渋谷区代々木神園町
    ※お申し込み時に詳細をお知らせいたします。

【持ち物】筆記用具

【会費】3,500円
※ 事前に参加連絡の後、当日受付にてお支払い下さい。
(お釣りのないようにご準備いただけると幸いです。)

【定員】25名程度

【参加申込】
 右上のメールフォームから以下の内容とともに送信してください。
 ・お名前(フリガナ)
 ・ご連絡先(メールアドレス、当日連絡が可能なお電話番号とメールアドレス)
 ・お申込みのきっかけ

※当日会場での記録はご自身の筆記のみでお願いいたします。
(録音・撮影はご遠慮くださいませ。)

*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜
20150603_hibiki.jpg

--------------------------------------------------------------
7/1(水)第50回響探求会
 「フラワーレメディーを生きる
   ~ぼくとフラワーレメディー~」

 お話し手:ゆうすけさん
(沖縄・花療法ひかりあめ代表)
--------------------------------------------------------------

次回の響探究会は 「フラワーレメディーを生きる」シリーズの第5回目。

「フラワーレメディーを生きる」は、花が一生をかけてそのエッセンス
(本質)を顕現して生きるように、自分らしい人生を生ききることを
テーマにお話いただく会になりす。

今回お話いただくゆうすけさんは、フラワーレメディー愛好家には
とても有名な方です。

本気で★フラワーレメディ あなたからはじめる家族力革命』の著者で
あり、フラワーレメディーを含めた自然療法を人間と動物たちに行う
フラワーレメディストです。

東京都目黒区に生まれ、優秀なロボット・エンジニアとして、長年多忙を
極める日々を過ごされた結果、心身の不調等を体験し、沖縄へ移住。

それまでとは全く違う「シンガーソングライター」としての仕事が軌道に
乗り始めたころ、パニック障害を経験され、フラワーレメディーと出会われ
ました。

レメディーを飲み始めて1週間後、それまで3日に1度は必ずあった発作が
なくなっていることに気づき、2週間後、レメディーの残量がわずかになった
頃には心の不安が消えていたそうです。

(この経緯は著書に詳しく記されています。)

そうして、フラワーレメディーを独学し、沖縄に専門店「ひかりあめ」を開店。

現在まで情熱的にフラワーレメディーを生かしながら、ハーブやホロスコープ、
サトル・オステオパシー等の自然療法も役立てられています。

クライアントの方が自分で自分を癒すことができるよう、わかりやすい説明と
心のこもったお仕事ぶりには沖縄を含め、日本全国の方々から大きな信頼が
寄せられています。

独自の通信講座で学ばれた方を中心としたネットワーク、ホームセラピー
研究会も全国展開されています。

一方で、沖縄に自生する植物と湧水でバッチ博士の指示された製法通りに
レメディーも作られています。

今回は沖縄と東京をオンラインで結んで会をさせていただく予定でしたが、
なんと沖縄からかけつけてくださることになりました!

お顔を見ながら生のゆうすけさんのお人柄に触れる貴重な機会となります。
これまでのご経験を通して考えるフラワーレメディーのこと、敬愛する
バッチ博士のこと、またご自身のお仕事についてなど、さまざまな内容を
対談形式でお伺いする予定です。

皆様のご参加をお待ちしています。

●おもな内容(予定)

・僕とフラワーレメディーの出会い
・自分のフラワーレメディー観
・フラワーレメディーの未来について考える
・フラワーレメディーを沖縄で作る時のこと

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

【日程】7月1日(水)19:30~21:30

【会場】都内渋谷区代々木神園町
    ※お申し込み時に詳細をお知らせいたします。

【持ち物】筆記用具

【会費】3,500円
※ 事前に参加連絡の後、当日受付にてお支払い下さい。
(お釣りのないようにご準備いただけると幸いです。)

【定員】20名程度

【参加申込】
 右上のメールフォームから以下の内容とともに送信してください。
 ・お名前(フリガナ)
 ・ご連絡先(メールアドレス、当日連絡が可能なお電話番号とメールアドレス)
 ・お申込みのきっかけ
 ・もしあれば、ゆうすけさんに聞いてみたいこと

※当日会場での記録はご自身の筆記のみでお願いいたします。
(録音・撮影はご遠慮くださいませ。)

*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜
20140419_1s.jpg
 5/14(水) 響探求会(43)

 「フラワーレメディーを生きる
   ~私とフラワーレメディー~」

 お話し手:大江ひろみ
(美容室 サロン・ド・ボー ふりす・オーナー)



次回は 「フラワーレメディーを生きる」シリーズの第4回目になります。

このシリーズのタイトルについて、これまで不思議に思ってきた方もいらっしゃる
かもしれません。「フラワーレメディー〔と〕生きる」ではなく、
「フラワーレメディー〔を〕生きる」という表現。
―― その意味を響探求会では、フラワーエッセンスを単に役立てるだけでなく、
自分自身がフラワーレメディーのように、自らの本質(エッセンス)と調和して
生きること、ととらえています。
自分を大切にし、インナーチャイルドや魂、自然と調和して、自分自身が
フラワーエッセンスのように、不調和なところをバランスさせる力(光)になって
生きること(もしくはそれを目指して生きること)です。

実際にフラワーエッセンスを活用することで、これまでさまざまな難問に向き合い、
乗り越え、ご自分らしく過ごしてきた皆さんに、そのご経験と具体的な活用法について
毎年お話を伺ってきました。

今回は、美容室「サロン・ド・ボー ふりす」のオーナーであり、美容師をされている
大江ひろみさんをお迎えします。

前半は、これまでフラワーレメディーを役立ててこられたご自身の経験や、美容室の
トリートメントでのエピソード、レメディーに関心のあるお客様へのセレクション
などについて、日頃心がけていることやお客さまの反応など、興味深いお話を伺い
ます。
また後半は、実際にレメディーを使って頭皮や顔のこわばりをケアするアイディアを
教えていただき、ご一緒に実践します。いつでも簡単にできるセルフケアです。

今回は大江さんのお話を通じ、フラワーエッセンスの意義やはたらきについて
あらためて理解を深め、実践に役立て、その背景にあるバッチ博士の世界観や
レメディーを生きることの意味を感じ取っていけたらと思います。皆様のご参加を
お待ちしています。

● おもな内容(予定)

 ・私とフラワーエッセンス
 ・美容室でのエピソード
 ・フラワーエッセンス・セレクション(選ぶこと)
 ・実践:エッセンスを利用した顔の表情と頭皮のケア  など
 

続きを読む >>

-------------------------------------------------------------
5/15(水)第37回響探求会
「フラワーレメディーを生きる
 ~Alohaの心とフラワーレメディー~」

 お話し手:なかやまあきこmahina pharmacy 主宰)
-------------------------------------------------------------

次回は フラワーレメディーを生きるシリーズの第3回目になります。
なかやまあきこさんをお迎えして
Alohaの心 について、インタビュー形式でお話を伺いながら、
フラワーレメディーやバッチ博士の哲学である「ユニティ」との
親和性も含めて感じていきたいと思います。

ハワイの古代の知恵に通じるホ・オポノポノは日本でも
広く知られています。1920年代以降ハワイの古代の
教えを学び研究した米国人M.F.ロング氏は
それをフナ(Huna)と呼んで本などにまとめました。

バッチ博士の死後、博士の仕事を引き継いだ
ノラ・ウィークス女史は、ロング氏の設立したHunaの
研究所の会員となり、フラワーレメディーを紹介したと
言われています。


Alohaという言葉には深い意味があります。

あきこさんから素敵なメッセージをいただきました。
この前の投稿をぜひご一読ください。

5月の探求会で、Alohaの心を通じて古代の知恵、宇宙の統一性を
感じていけることを、とても楽しみにしています。
  皆様のご参加をお待ちしています。

おもな内容(予定)
 Alohaの心とは?
 Hawaii(ハワイイ)の示す生命の流れ、神聖なものとの繋がり
 ハワイイの古代の知恵とフラワーレメディー
 Alohaの心を日常に生かすワーク  など

【日程】5月15日(水)19:00~

【会場】代々木オリンピックセンター内
    ※お申し込み時に詳細をお知らせいたします。

【持ち物】筆記用具

【会費】3,500円
 (会費の一部を、週末リトリートプロジェクト「ちいさなたび Japan」
 〔エッセンス・ウィズイン・プロジェクト〕に寄付させていただきます。)

※ 事前に参加連絡の後、参加費を当日受付にてお支払い下さい。
(お釣りのないようにご準備いただけると幸いです。)

【定員】12名程度

【参加申込】 初めての方は、次の情報を明記の上
  お名前
  ご連絡先1(メールアドレス)
  ご連絡先2(携帯電話番号)
  今回の会に参加されるきっかけ

こちらのアドレスにメールをお願いいたします。
       
  spiritofbach@gmail.com

(参加費は当日受付にてお支払いください。)

※当日会場での記録はご自身の筆記のみでお願いいたします。
(録音・撮影はご遠慮くださいませ。)

続きを読む >>

次回お話いただくなかやまあきこさんからメッセージをいただきました。

―― ALOHA(アロハ)とは、ハワイの日常的な挨拶ですがとても深い意味と
  メッセージが込められています。

「ALO(顔)」と「HA(息)」から成り、古代ハワイ人が挨拶の時に
顔と顔を近づけ、鼻と鼻を左右にこすりあってお互いの息を交わした
ことに由来するそうです。

ハワイアンは、息はつまり命、魂であると考えます。
顔と顔を向き合い、息を交わし、互いの魂を認め、スピリットを交換する。
これが「アロハ」と言う挨拶に込められた本当の意味です。

そして、自分のなかにスピリット(魂)が存在していることをいつも覚え、
呼吸をすることで宇宙との一体感を感じ、愛の源と繋がることができます。

またALOHAには、それぞれの頭文字を持つハワイ語の意味が含まれて
います。
 Akahai、優しさ、柔和さ
 Lokahi…調和、和合 
 Olu'olu…安楽、快活に 
 Ha'aha'a…謙虚、慎み
 Ahonui…忍耐
これらが一つになった心のあり方がアロハ・スピリット
―「すべてを受け入れるこころ・精神」なのです。

ですからこの言葉を日常の挨拶として「Aloha」と言うたびに
その言霊の持つすばらしい波動が広がる事になります――



私たちは「ユニティ」の側面を古代の知恵のさまざま要素に見出す
ことができます。

次回はAlohaの心を通して、ユニティという
フラワーレメディー(エッセンス)の大切な礎について、感じとって
いきましょう。


プロフィール

響探求会事務局

Author:響探求会事務局

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR