エドワード・バッチ博士(1886年9月24日~1936年11月27日)

英国バーミンガム郊外モスレー生まれ。

自然療法の一つであるフラワーレメディー(エッセンス)の開発者。
MRCS(外科医)、LRCP(内科医)、MS(医学士)、BS(外科医学士)、DPH camb.(公衆衛生学博士)。

1912年、医師資格を取得した後、ロンドンの大学病院で慢性病と腸内細菌の関係を研究し、7種のワクチンを開発しました。そして、後にこのワクチンをホメオパシーの製法で経口に切り替え、患者の性格タイプに合わせた投薬を研究し、さらに効能を高めます。

病気の根本的な原因は心理的な不調和にあると結論づけ、心を調和した状態に戻す助けとなるレメディーを自然界の植物に求めました。

1928年には野草のレメディーを発見し、1929年からはおもに花のレメディーだけで治療を行ないました。1930年に、日向の花の上の朝露にインスピレーションを得て、レメディーを作るための新しい製法(太陽法)を開発。その5年後には火を使う製法(煮沸法)も開発し、全38種類のバッチ・フラワーレメディーの体系を完成させました。

フラワーレメディー(フラワーエッセンス)は、自然の四大元素(地・水・火・風)を生かして作られています。


バッチ博士は、誰もが病気の予防や手当てを自分で簡単にできるレメディーを発見し、研究を重ね、フラワーレメディーの普及に尽力しました。

   響探求会(ひびきたんきゅうかい)

この世界のすべてのものは目に見えぬ「響き」を
発していると言われます。その響き=振動やリズム、
エネルギーのパターンの表れを現実の事象に見出し、
人間も含めた全てが影響し合う一つながりの秩序のもとに
あることを、あらためてとらえていく探求の会です。



フラワーレメディー(フラワーエッセンス)と
      エドワード・バッチ医師


響探求会では、自然療法の一つであるフラワーレメディーの
開発者、エドワード・バッチ医師の述べた「ユニティ」という
世界観を土台に、宇宙の統一性を探求しています。
「ユニティ」は、古代から受け継がれている普遍的な哲学や
宇宙観と共通するものです。

日本には昔から「病は気から」という言葉がありますが、
バッチ博士が万病を癒すために研究を重ねて行き着いたのも、
まさに「病は気から」ということでした。

そして、“気”すなわち人間の“心”を中心に据えて、
病気を予防し癒す手立てとなる38種の“治療薬(レメディー)”を、
主に自然界の植物から作りました。

このレメディーは、植物の成分ではなく、植物自体が持つ調和した
生命力(氣)を心の不調和に役立てるものです。

響探求会では、この花のレメディーのさらに奥にある
普遍的な哲学=宇宙の統一性を、毎回さまざまな角度から
とらえていきたいと思います。

どうぞご参加ください。

代表 谷口みよ子
*mi-tan
プロフィール

Author:響探求会事務局

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR