上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20161228_03.jpg

今年も響探求会にご参加いただき、

また関心をお寄せいただき、

ありがとうございました。



例年なら、もう来年の実施予定を

お知らせしているところですが、

2017年から不定期の開催とさせていただきます。



次回の予定は未定です。



またしばらく後に

バッチ博士の「ユニティ」の考え方に通じる

楽しい内容を実施できればと考えています。



20161228_02.jpg


これまで10年間、隔月で開催させていただきました。

初回から参加していただいている方から

今年初めて来ていただいた方まで、

本当にたくさんの方にご参加いただきました。


加えて、講師をしてくださった皆さま、

スタッフとして協力してくださった方々のおかげ様で

今年まで定期的に続けることができました。

本当にありがとうございました。




今後は不定期の開催となりますが、

これからも、バッチ博士の言葉─

「私たちが喜んで導かれる気でいたら、

日常のありふれたことを通して導かれる」─

も胸に、


日々の生活の中で出会うこと、感じ、気づくことを通して

学び、成長していけるよう、感度を磨く機会をご一緒できればと思います。



来年も皆様にとって健康で喜びの多い一年となりますように。

心からお祈りしています。

ありがとうございました。



          2016年12月28日 響探求会事務局



20161228_01.jpg
スポンサーサイト
universe-782697_1280.jpg
 
11月16日は木村晃子さん
planet*plant主宰、フラワーエッセンス・プラクティショナー)による
星とフラワーレメディー2」にご参加いただき、
どうもありがとうございました。
  
今回は昨年のPart1に続く第二弾。
  
Part1をとても丁寧に振り返った後、
今回の内容に入っていただきました。
  
Part1のレポートはこちら >>
  
フラワーエッセンスの2つの製法「太陽法」と「煮沸法」は、
わたしたちの人生が持つ2つの側面(方向性)とつながります。
  
天に向かって上昇する方向と
天から地上に降りてくる方向性。
  
前回は天に向かって成長していくことについて、

・「」(無意識、基本的な感情)
・「太陽」(意識、「私」を生きる)
・「土星」(太陽で定めたテーマのゴール)

の視点からお話しいただきました。
その内容をあらためて概観し、これを天体の示す年齢域を通じて
振り返りました。

20161116_photo_hibiki02.jpg

今回は、その年齢域を踏まえ、
 
地球から最も遠い3惑星
(遠い順に)冥王星─海王星─天王星を経て
降りてくる方向性にフォーカスしたお話を伺いました。
 
この3つの惑星は、公転周期がとても遅く、
私たちの精神性に呼応する性質があります。
  
前回のを含め、水星から土星までが個人の特質を
強く表す性質があるとすれば、
  
外側の3惑星は、個人の枠を超えた領域から
下降する光を意味します。
  
このような2つの方向性を理解することが、
太陽系全体の見えない意味を理解することに
つながります。
  
そして、太陽系を理解することは、
人間の意識を理解することにもつながっていきます。
(太陽は人間の意識の象徴です。)

20161116_photo_hibiki01.jpg
  
お話しの中で、
木村さんは月ー太陽ー土星ー冥王星を中心の柱にして
  
10天体を順に配置した1つの図を描いて見せてくださいました。
 
その図は、下降する方向性と上昇する方向、
男性性と女性性のバランス、
個人と社会など、

地上のさまざまな側面での力のバランスを
わかりやすく示してくれているようです。

  
この図を踏まえると、

今の自分自身の課題に取り組むことで、
その時の年齢域に対応する惑星の関わる領域の
受け皿を大きくすることになるということが
星と天体という大きな視点からわかります。
  
日常に対処する視点からより高い、
宇宙や自然の一部としての自分の人生を
とらえる良い機会をいただきました。
  
会の最後に木村さんは参加者一人ひとりの
天体と星のブレンド・エッセンスを作るため、
各自のホロスコープから、その種類を選んで
くださいました。

例えば、事務局のT用には、
さそり座の月のエッセンスを軸にして、
アスペクトを形成している海王星、冥王星、水星の
エッセンスが選ばれました。
  
別な方の場合は、今の年齢域で開発すべき天体を軸に、
アスペクトを形成している天体のエッセンスを
組み合わせるなど、

その人のホロスコープに合わせた
オーダーメイドのブレンド・エッセンスが
提案されていました。

  
20161116_photo_hibiki03.jpg
  
参加された皆さんは
自分仕様の天体と星座のブレンドボトルを持ち帰り、
体感されていることと思います。
  
いろいろな感覚を受け取られているお話しも
ちらほら耳にします。

中には不思議な夢を見ている方、自分の取り組みが
はっきりした方など、さまざまいらっしゃるようです。
  
  
天体と星座のエッセンスは宇宙全体の一員としての
感受性を高めてくれるように感じます。

天空のもとで、地球上の生物は
─動物、植物、人間も─ 自然界に生きています。

地球の自然豊かな場所に育つ
生命力あふれる植物から作られるフラワーエッセンスは、

私たちが天と地の間で、毎日さまざまな体験を重ね、
経験する感情や思考パターンのバランスを整えるサポートとなり、
自分らしい人生を歩む後押しになります。
    

この会は昨年の会と合わせ、

人間がこの世に生を受け、
独自の人生を生きて

自らの使命を果たす後押しとなる
フラワーレメディーという視点が内に持つ、

天(源)から地上に降りてくる(下降する)方向性と、
生きて上に向かって成長する(上昇する)方向性を踏まえて、
天体と星座のエッセンスを体験しました。


素晴らしい探求をシェアしてくださった木村晃子さん、
参加者の皆さま、どうもありがとうございました。

どうぞその後の感想もお寄せくださいね。
伺えるのを楽しみにしています。


●お知らせ

木村晃子さんはplanet*plantを主宰されている
フラワーエッセンス・プラクティショナー
いらっしゃいますが、

時にご要望に応じ、
星のワークショップも実施されることがあります。

ご興味お持ちの方は、直接お問合せしてみてください。

フラワーエッセンスの視点を踏まえて星をとらえる
全体的でわかりやすい内容はおすすめです。

お問合せ・お申込みはこちらからどうぞ >>
20160713_hibiki_maimi-san01.jpg 20160713_hibiki_maimi-san02.jpg

先日は、塩見麻衣美さん
(植物療法士、フラワーエッセンス・プラクティショナー)による
「魔女の薬草話~ヒルデガルトの聖なる知恵」にご参加いただき、
どうもありがとうございました。
 
たくさんの実りあるお話の中で、

ヒルデガルトとバッチ博士の考え方に

700年の時を超えた「共通性」があることを
お二人の具体的な言葉を通して知れた点は、

特に意味深いことでした。


「真理」というものが、
時代も距離も超えた

普遍性を備えている事実を

あらためて確認する機会にも
なったように感じています。

20160713_hibiki04.jpg 20160713_hibiki03.jpg

後半のスミレ・クリーム作りは
本当に楽しかったですね。

Facebookへの麻衣美さんの投稿を
ご許可をいただき、紹介いたします。

ご参加くださった皆様、麻衣美さん、
どうもありがとうございました。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

昨夜
響探求会
場所は下北沢マヒナファーマシーのワークルーム♡
🌿
ヒルデガルト
の聖なる知恵より
「スミレのクリーム」
のワークショップをさせていただきました。
🌿

6月の満月の光りと
太陽の光りを
たーっぷり浴びた、
スペシャルなスミレオイルがメイン基剤です。
グツグツと手仕事いただくクリーム作り♡

皆々さまが
”スミレクリーム作り”
に熱い想いを寄せて下さっていたことを改めて知り、
とても楽しいワークタイムになりました。
(^_^)

ご参加の皆さま
ありがとうございました♡

又、ワークショップをするにあたり、
深い学びを下さったヒルデガルトフォーラムジャパンの
平垣さんにも、本当に大感謝です、ありがとうございました。

20160617_hibiki-2.jpg

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

次回は9月14日(水)、

当会主宰の 谷口みよ子が
「妖精の薬草話」をテーマに、

ウェールズに伝わるハーブ療法について
お話させていただきます。

ウェールズの薬草使いは、
「湖の妖精から伝えられた」
という言い伝えもご紹介しながら、

バッチ博士の
フラワーエッセンスの植物を含め、

あまり知られていない効能なども
お伝えできればと思っています。

詳細を来月ご案内いたします。
皆様のご参加をお待ちしています。

20160512_azuma-san_s00.jpg

東昭史さんによる「バッチ博士のたどった道
―ホメオパシーから花の療法へ」にご参加いただき、
どうもありがとうございました。

大きな感動を巻き起こした3月の会に引き続き、
昨日も東さんにお話しいただきました。

バッチ博士がいかに安全な治療薬を必要としていたか―
その切実な必要性と人を癒す情熱があってこそ、
新しい体系であるフラワーレメディーが誕生したことを
深く理解できる素晴らしい内容でした。

2回にわたる東さんのお話を通して
自らのフラワーエッセンスへの愛と情熱に触れ、
バッチ博士の研究過程とフラワーレメディー
(エッセンス)の意味や役割をあらためて心に刻む
貴重な機会をご一緒できたこと、心から感謝いたします。

東さん、参加者の皆さま、ありがとうございました。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

次回は7月13日(水)
フラワーエッセンスの実践家であり自然療法士の
塩見麻衣美さんによる「魔女の薬草話」を実施します。

中世に生きたドイツの修道女であり神秘家、薬草療法家である
ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの薬草療法をベースにしたお話と、
手軽に実践できるポイントをご一緒にシェアする時間も設けて
いただく予定です。

詳細を追ってご案内します。どうぞご参加ください。

東昭史さんによる「フラワーレメディーを生きる(6)
わたしとバッチ博士の世界観」に参加された皆様へ


昨日は東昭史さんの会にご参加いただき、
ありがとうございました。

20160309_002.jpg

フラワーエッセンス研究家として日頃フラワーエッセンスや
バッチ博士について講座をされている東さんに、ご自身と
フラワーレメディー/バッチ博士の世界観との関わりに
ついてお話いただきました。

とてもわかりやすく、ユーモアを交えたお話のなかに、
東さんの植物への深い愛とフラワーレメディー、
バッチ博士の考え方に向ける情熱を強く感じる2時間でした。

その感動は今も続いていて、これからのフラワーレメディー
との関わりに、大きな刺激と示唆をいただいた思いです。
あなたはどのように感じられましたか?

東さんのフラワーレメディーとの出会いも印象的でしたが、
そのレメディーについて深く学ぶなかで、植物を観察し
親しむ必要性とその恩恵を、身をもって体験してこられた
経緯もとても参考になりましたね。多くの有用な情報も
シェアしていいただきました。

reverse02.jpg

お話の中で、バッチ博士の世界観である「ユニティ」を
思い起こすこともできました。

あらゆるものが神の愛の表れであり、すべての存在は
神(完成)を目指して向上し続ける存在であること。
この点では植物も人間も変わりはありません。

フラワーレメディー(エッセンス)と関わっていく上で
忘れずにいたい大切な視点と、愛と情熱を喚起していただく
素晴らしい時間となりました。

このように深く心に響くお話をしてくださった
東昭史さんに、そして貴重な時間をご一緒させて
いただいた皆様に、心から感謝しています。
ありがとうございました。

次回5月の会も東さんにお話しいただきます。テーマは
「バッチ博士のたどった道―ホメオパシーから花の療法へ」

5/11(水)夜に実施予定です。
4月にご案内いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

reverse010.jpg
東さんが作られている日本の花のエッセンス
ファーイースト・フラワーエッセンス


プロフィール

響探求会事務局

Author:響探求会事務局

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。