11/5(水) 響探求会(46)

  「星を読むこと、生きること」

   ●お話し手:みずさわ すい さん (文筆家)


20141105_03sjpg.jpg

11月は恒例のみずさわすいさんによる星の会です。
「星を読むこと、生きること」と題し、今回は「土星と冥王星を通じて
おおきな宇宙の流れを感じる」内容になります。

前半はこれまでと同様「12サインと10天体」の特徴を概観し、
後半は2014年〜2015年の流れについて、特に土星と冥王星を
ポイントにお話を伺います。

占星術で土星はその人が天から与えられたテーマを示す惑星であり、
冥王星はその人を大きく包む宇宙の法則や源との接点を示す星、
その人が自分の影や隠された欲求と向き合い変容を促す星です。

今年は天王星、木星とある特別な角度をとっていました。

ご自身のチャートを見ながら、星と呼応するご自分のことをあらためて
知り、天体を通じた今の全体的な流れや来年の可能性を受けとめる
機会になれば幸いです。

お話の合間や最後のシェアの時間にはご感想や疑問点などを分かち
合い、日頃無意識になりがちな天体を意識し、とともに生きている
ご自分を感じる場になればと思います。

お一人お一人のバース・チャートをご用意いただきますので、参加の
お申し込みは、11/2(日)の夜までに 以下の情報とともにご返信
ください。
・生年月日
・誕生時間(分からない場合はなしでOK)
・誕生地(例:○○県●●市)

みずさわすいさん・プロフィール
(http://suimizusawa.petit.cc/pineapple1/より)
文筆家。太陽いて×月さそり。
旅と映画と音楽でいっぱいの大学時代を経て、海の向こうからやって
来たインディー映画とロックミュージックの宣伝に奔走。
20代の終わりに退職し、上海へ。欧米とも日本とも違う文化圏、
発展のど真ん中の混沌に身を置き、数年を過ごす。

上海滞在終盤の2009年、現地で皆既日食を迎え、宇宙との
つながりをリアルに体感。この体験をきっかけに、占星術にまつわる
文章の執筆、また「宇宙とわたし」に関する書籍の翻訳を行うようになる。
新月のことばをセルフヒーリング・Webマガジン mahina pharmacy
連載中(お星さまの薬箱)。

続きを読む >>

プロフィール

Author:響探求会事務局

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR