20150603_hibiki.jpg

--------------------------------------------------------------
7/1(水)第50回響探求会
 「フラワーレメディーを生きる
   ~ぼくとフラワーレメディー~」

 お話し手:ゆうすけさん
(沖縄・花療法ひかりあめ代表)
--------------------------------------------------------------

次回の響探究会は 「フラワーレメディーを生きる」シリーズの第5回目。

「フラワーレメディーを生きる」は、花が一生をかけてそのエッセンス
(本質)を顕現して生きるように、自分らしい人生を生ききることを
テーマにお話いただく会になりす。

今回お話いただくゆうすけさんは、フラワーレメディー愛好家には
とても有名な方です。

本気で★フラワーレメディ あなたからはじめる家族力革命』の著者で
あり、フラワーレメディーを含めた自然療法を人間と動物たちに行う
フラワーレメディストです。

東京都目黒区に生まれ、優秀なロボット・エンジニアとして、長年多忙を
極める日々を過ごされた結果、心身の不調等を体験し、沖縄へ移住。

それまでとは全く違う「シンガーソングライター」としての仕事が軌道に
乗り始めたころ、パニック障害を経験され、フラワーレメディーと出会われ
ました。

レメディーを飲み始めて1週間後、それまで3日に1度は必ずあった発作が
なくなっていることに気づき、2週間後、レメディーの残量がわずかになった
頃には心の不安が消えていたそうです。

(この経緯は著書に詳しく記されています。)

そうして、フラワーレメディーを独学し、沖縄に専門店「ひかりあめ」を開店。

現在まで情熱的にフラワーレメディーを生かしながら、ハーブやホロスコープ、
サトル・オステオパシー等の自然療法も役立てられています。

クライアントの方が自分で自分を癒すことができるよう、わかりやすい説明と
心のこもったお仕事ぶりには沖縄を含め、日本全国の方々から大きな信頼が
寄せられています。

独自の通信講座で学ばれた方を中心としたネットワーク、ホームセラピー
研究会も全国展開されています。

一方で、沖縄に自生する植物と湧水でバッチ博士の指示された製法通りに
レメディーも作られています。

今回は沖縄と東京をオンラインで結んで会をさせていただく予定でしたが、
なんと沖縄からかけつけてくださることになりました!

お顔を見ながら生のゆうすけさんのお人柄に触れる貴重な機会となります。
これまでのご経験を通して考えるフラワーレメディーのこと、敬愛する
バッチ博士のこと、またご自身のお仕事についてなど、さまざまな内容を
対談形式でお伺いする予定です。

皆様のご参加をお待ちしています。

●おもな内容(予定)

・僕とフラワーレメディーの出会い
・自分のフラワーレメディー観
・フラワーレメディーの未来について考える
・フラワーレメディーを沖縄で作る時のこと

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

【日程】7月1日(水)19:30~21:30

【会場】都内渋谷区代々木神園町
    ※お申し込み時に詳細をお知らせいたします。

【持ち物】筆記用具

【会費】3,500円
※ 事前に参加連絡の後、当日受付にてお支払い下さい。
(お釣りのないようにご準備いただけると幸いです。)

【定員】20名程度

【参加申込】
 右上のメールフォームから以下の内容とともに送信してください。
 ・お名前(フリガナ)
 ・ご連絡先(メールアドレス、当日連絡が可能なお電話番号とメールアドレス)
 ・お申込みのきっかけ
 ・もしあれば、ゆうすけさんに聞いてみたいこと

※当日会場での記録はご自身の筆記のみでお願いいたします。
(録音・撮影はご遠慮くださいませ。)

*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。..。.:*・゜
プロフィール

響探求会事務局

Author:響探求会事務局

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR