上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20160529_02azmasan01.jpg

先日は、フラワーエッセンス研究家の東昭史さんによる
バッチ博士のたどった道―ホメオパシーから花の療法へ」に
ご参加いただき、ありがとうございました。

今回も大好評のうちに終わり、「もっと聞きたい!」という
お声をたくさんいただきました。

終了後、興奮冷めやらぬ皆さんにご感想を書いていただきました。
ありがとうございます。

以下にご紹介いたします。



ホメオパシーもフラワーレメディーもほとんど知識がなく参加しました。
「なぜ病気になるのか」の内容に深く共感しました。
このような考えをされるバッチ博士にとても興味が湧きました。
これからもっとお話を聞いて勉強したいです。(E.H.様)


東さんのお話、響探求会で初めてうかがいました。とってもわかりやすく
未知のことをたくさん知ることができて有益でした。

関心のあった、バッチ博士のホメオパシーからフラワーレメディーへの
移行の様子がよくわかりました。著作集をしっかり、読んでみます。

現在、動物のフラワーエッセンスや瞑想でつくるフラワーエッセンスに
ついて、東氏やほかのプラクティショナーの方はどんな風にとらえて
いらっしゃるか、お聞きしてみたいです。(匿名)


今日は素敵なお話をありがとうございました。
フラワーレメディーで、もっと病気、症状を正面から
アプローチできないのかとちょうど考えていたところへ、
この講座のインフォメーションをいただいて、タイミングを
感じました。

今ボディワークとフラワーエッセンスを組み合わせたセッションを
していますが、今日お話されていた患者の長所を伸ばしていく、
のと、わたしのやっているボディワークの理論“からだのやわらかさを
増幅する“、“体の水を思い出す”、“平和な感覚”というところと
見事にマッチしていて、直感からはじめたこのセッションはやっぱり
ギフトだったのだと、感謝の気持ちが溢れました。

自信をもって、セッションを続けていけそうです☆。
またお話をうかがえるのを楽しみにしています。(Y.K.様


バッチ博士がフラワーレメディーを発見した過程が
よく分かり面白かったです。
なぜフラワーレメディーが素晴らしいかを改めて
見直すきっかけになりました。
また更にフラワーレメディーと深くかかわってゆきたいと思います。
本日は大変ありがとうございました。(匿名)


「ホメオパシーから花の療法へ」という題名から
ここまでホメオパシーを超えて、自らの哲学を確立したバッチ博士の
人生をたどれる講座は、東さんと響探求会ならではと思いました。

今後もフラワーレメディーやバッチ博士のマニアックな内容を
テーマにしていただきたいです。

次回は、東さんの「患者への愛」とバッチ博士の愛をテーマに。
本日はありがとうございました。(R.M.様)


最近ホメオパシーと同時にフラワーエッセンスを自分で
使っているので、説明のわかりやすい東先生のCH以外での
講座に初めて参加してみました。

バッチのホメオパシーについての考え方は、.....
ホメオパシーと関係するところで勉強になりました。
….. また参加したいと思います。(H様)

20160529_05azmasan06.jpg

私も今日のお話を聞いていて、いちばん疑問に思ったのが
バッチ博士に何が起こったのか、ということです。
フリーメイソンの件が出てきて、やはりそれかな?と思ったの
ですが、入会が1929~30年に10年前くらいだと、なんか
それも薄まるというか・・。

やはり圧倒的な何かがあったとしか思えません。
人には説明のできないようなことが。
そのことについて、東さんが「追及しきれないでしょう」と
おっしゃるくらい、何も資料が残されていないことが
その証拠というか、物語っているのではないでしょうか。

だって、バッチは伝えたい人、書きたい人であり、常に
そうしてきた人だし、影響を受けた人物やその考え方についても
詳しくあらわしてきた人だと思うから。
そのバッチが、何も語らずまるで封印したかのような。
明らかに意図的に封印したかのような。
何かあったのでしょうか。私の勘ぐり過ぎでしょうか。

質問したかったけど、9時過ぎていたし、壮大すぎるし、
何かどうにもならないような気がしてやめました。
ありがとうございました。またお話したいです。(K.H.様)


フラワーレメディーへの信頼感がとても高まりました。
レメディーだけを勉強するよりも、より深く世界観や
本質を知ることができ、益々興味が深くなった。

お話もわかりやすく、面白く、バッチとレメディーへの愛も
感じました。

ありがとうございました。
是非オタクな内容で開催をお願いします。(匿名)


Bachの軌道は現代の医療困乱の
解決策であると確信できました。
ありがとうございました。(匿名)

20160529_05azmasan01.jpg

東先生のお話はとっても面白くて時間があっという間です。
またぜひ先生のお話がききたいです。
日本の花のレメディー(とバッチの花のレメディー)とか
FESのレメディーのお話をききたいです。
(でもなんでもいーです。楽しいから)

今日のホメオパシーからフラワーレメディーへの移行について、バッチは
どーして変えたんだろう?とずっと気になっていたので、今回の講義は
本当に大ヒット講義でした。ありがとうございました。(匿名)


今日はありがとうございました。
響探求会の趣旨もあまり理解せず、東先生と谷口さまの
お名前を見ただけで申し込んでしまいました。

バッチのプラクティショナーとしてこれからも活動を続けますが、
やはり考えや歴史背景も、このように考察を重ねることも
必要だと思いました。益々マニアックでお願い致します!

今後とも機会があれば参加させて下さい。
よろしくお願い致します。 (カラットオブカラーズ代官山 鈴木直美様)


バッチのたどったホメオパシーからフラワーエッセンスの道を
知ることで、いかに安全性に留意していたかがわかり、
バッチ博士の医師としての探求・研究心とともに、
人としての優しさを強く感じました。

また、ホメオパシーとワクチン療法の理解があいまいになっていた
ところを今日改めてキチンと理解できた事もとても勉強になりました。

... そしてさらに、ますます知りたいことが増えました!!
ありがとうございました。(M.S.様)


ホメオパシーとフラワーエッセンスの違いやバッチ博士が
フラワーエッセンスへ移行していく過程がよく分かって
興味深いと思いました。
今、自分が学んでいることや視点を考察しながら聴いていて
今後もっと自分の学びにも役立つような気がしています。
益々知りたいことが増えてしまいました!!
今日はありがとうございました。(M.M.様)


.... 今回は
「バッチ博士のたどった道ーホメオパシーから花の療法へ」
というテーマで、前回に引き続き『花と錬金術』の著者でもある、
フラワーエッセンス研究家の東昭史先生が講師でした。

バッチ博士がどのような情熱を持って、
より良い治療薬を探し求めていたのか・・? つづきはこちら >>
(佐野眞理様「ホメオパシーから花療法へ。。バッチ博士の想いを学ぶ」




皆様、ありがとうございました。
東さんのお話はいつも植物への愛にあふれて親しみやすく、
フラワーエッセンスやバッチ博士の奥深い世界へといざなってくれます。

また機会があるかと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
20160512_azuma-san_s00.jpg

東昭史さんによる「バッチ博士のたどった道
―ホメオパシーから花の療法へ」にご参加いただき、
どうもありがとうございました。

大きな感動を巻き起こした3月の会に引き続き、
昨日も東さんにお話しいただきました。

バッチ博士がいかに安全な治療薬を必要としていたか―
その切実な必要性と人を癒す情熱があってこそ、
新しい体系であるフラワーレメディーが誕生したことを
深く理解できる素晴らしい内容でした。

2回にわたる東さんのお話を通して
自らのフラワーエッセンスへの愛と情熱に触れ、
バッチ博士の研究過程とフラワーレメディー
(エッセンス)の意味や役割をあらためて心に刻む
貴重な機会をご一緒できたこと、心から感謝いたします。

東さん、参加者の皆さま、ありがとうございました。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

次回は7月13日(水)
フラワーエッセンスの実践家であり自然療法士の
塩見麻衣美さんによる「魔女の薬草話」を実施します。

中世に生きたドイツの修道女であり神秘家、薬草療法家である
ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの薬草療法をベースにしたお話と、
手軽に実践できるポイントをご一緒にシェアする時間も設けて
いただく予定です。

詳細を追ってご案内します。どうぞご参加ください。

プロフィール

響探求会事務局

Author:響探求会事務局

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。