スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□5/13「音の響き・体感ワークショップⅡ」にご参加ありがとうございました。


20150513_hibiki_04.jpg

「音の響き・体感ワークショップⅡ」にご参加くださった皆さまへ

先日は田口和典氏(音の造形家)による
「音の響き・体感ワークショップⅡ」に
ご参加いただき、どうもありがとうございました。

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

バッチ博士は1931年にレメディーの働きについて、
音楽にたとえて次のように説明されています。

.... レメディーは美しい音楽のように、あるいは
インスピレーションを与え、気持ちを素晴らしく
高揚させるあらゆるものと同じように、
まさに人間の本性を高め、魂の近くへと引き上げる
力を持っています
」 
(『エドワード・バッチ著作集』 BAB出版 より)

この文章から、博士が音楽がお好きだったことが推察されます。
またフラワーレメディーが、美しい音楽や心を高揚させ、
インスピレーションを与えるものと同様の働きをすることが
わかります。

今回は、美しい音楽の「響き」を体感する会を実施しました。

昨年に引き続き、音の造形家、田口和典さんの新木場の
アトリエと、“音のミュージアム”として親しまれてきた
新生「シンフォキャンバス」にうかがいました。

田口さんは、おもにスピーカーの制作を通じて、長年「良い音」を
探究されています。
田口さんのとらえる「良い音」とは、「自然の気配」さえも
とらえて再現する音です。
日本だけでなく欧州も視野に入れて活動をされています。

20150513_hibiki_01.jpg

まず再現する音(音源)が美しい響きを持っていることは重要です。
そのうえで大事なのは、良い音をどれだけクリアに再現するか、
ということです。
雑音があれば、よい音楽の恩恵を直接受け取るのは難しいでしょう。
(太陽法でのレメディーを作る時にも雑音は大きな障害になります。)

田口さんが大切にしているのは、自然の中の「気配」
(空気のゆらぎ、振動)までも再現することです。

アトリエには、通常のスピーカーが拾えない音まで再現する
スピーカーたちが所狭しと無造作に置かれています。

まずここでスピーカーと音について簡単にお話いただきましたが、
良い音に触れると、心がのびやかになり思考が停止する感覚を
味わいましたね(笑)。各自が音の響きを肌で感じ取りました。

その後、場所を7Fの「シンフォキャンバス」に移し、
田口さんが制作された64本のスピーカーから発せられる音を
体感しました。

20150513_hibiki_04.jpg

クラシックを中心に、「スターウォーズ」のメインテーマや
童謡まで、幅広いジャンルの音の響きを感じ取れる貴重な機会でした。

さまざまな曲を聴きながら、音を聴くというのは「受動的」な行為ようで、
実は能動的に「感じ取る」側面も持っているのだと気づかされました。

参加者のお二人から「くるみ割り人形」と「交響曲第5番 運命」の
リクエストがあると、音響空間ディレクターの宮本さんはとても
興味深いお話をしてくださいましたね。

チャイコフスキーが作曲した「くるみ割り人形」を一番楽しめるのは
演奏家と指揮者だということです。
それは、この曲が空間を生かした立体的な演奏構成になっているから
とのこと。

主旋律がオーケストラの後方で演奏されている間、前方では
まるで人形が台座をくるくると踊りながら移動しているかのように、
右から左へ、左から右へ半円を描くように音が奏でられています。

けれどもその音は、客席には平面的に聴こえるばかりで、
立体的な音の面白さは伝わらないのだそうです。

20150513_hibiki_s03.jpg

また、誰もが知る「運命」の始まりの印象深いメロディーは、近年
軽やかに演奏されるようになったそうですが、その昔カラヤンが
指揮していた時の重厚な演奏を再現しながら、シンフォキャンバスを
始められた当時のことなどもお話くださいました。

良い音を体に響かせていたら、時の感覚が抜けて
あっという間に終了時間になっていましたね。(苦笑)

急ぎ田口さんのアトリエに戻り、持参したCDの音楽をかけて
いただいて、普段聴いている「音」との違いを確認しました。

美しい音楽を聴くこと。その音楽をよい響きで取り入れることで、
私たちの体や心はどのように反応するのかを実際に体感する
よい機会となりました。

よい響き、よい波動に触れると、呼吸が自然と深くなること、
心が落ち着き、静かな心の声を聴きやすくなるなど、その恩恵は
はかり知れません。

日常でもできる限り、良い音に触れ、良い響きを感じ取って
整えていけたらと思います。

それはバッチ博士が書かれたように、フラワーレメディーと同じ
力を持っているのですから―。

ご参加いただいた皆さま、講師の田口さん、シンフォキャンバスの
宮本さん、まいこさん、スタッフのみなさんに心から感謝いたします。
ありがとうございました。

●インフォメーション
シンフォキャンバスは週末に一般公開されています。
金曜日:19:00 - 23:00(22:30 LO) | 土曜日:13:00 - 23:00(22:30 LO)
詳細はこちらをご覧ください。
http://symphocanvas.com/

。*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

次回は7月1日(水)に、

本気で★フラワーレメディ あなたからはじめる家族力革命』の著者で
フラワーレメディストのゆうすけさん(沖縄花療法ひかりあめ主宰)と
オンラインでつないでお話を伺います。

「フラワーレメディー(エッセンス)を生きる~僕とフラワーレメディー」と題して、
フラワーレメディーとの出会いや関わり、印象深い経験や今の活動について、
沖縄の花でレメディーを作っているお話なども含めて伺いたいと思います。

どうぞお楽しみになさってください。
関連記事
コメントの投稿
非公開コメント

プロフィール

響探求会事務局

Author:響探求会事務局

カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。